不動産売却をするなら

不動産を売却するという出来事は一生でも何度もあることではありません。それだけにその手順や方法がわからないという方は多いですよね。

そんなときには自身だけの判断で処理をすると失敗や損をしがちです。現代は何社も同時に査定額を算出できるサービスがあるから、不動産売却の客観的な基準を知ることが出来るのです。

不動産&マンション売却査定.com

おすすめポイント

  • 信頼の300万人の利用実績!
  • 4ステップで簡単査定!
  • ぴったりの不動産会社とマッチング!

全国の有名不動産会社から地域密着型の企業も同時査定可能!複数の見積もりを比較してご自分に有利な条件の会社が客観的に選べます!

詳しくはこちら

不動産売却の豆知識:不動産売却すべきタイミング

家を売る、所有している不動産を処分したいと考えているときには、不動産売却すべきタイミングを計る必要があります。一般的に不動産売却すべきタイミングとして推奨されているのは、年度替わりのタイミングで引っ越す人が増える2~4月と、年内の入居を目指す人が増える9~11月頃といわれています。

この時期に不動産売却の手続きを済ませると、確かに買受人が増える可能性が高くなりますのでおすすめです。ただ、この時期は売却物件の数も増えますので競争率も高くなります。潜在的な買受希望者は年間を通して存在すると考えて、早いタイミングで売却の案内を出すというのも一つの方法です。

すぐに引っ越したいという希望でない限り、買受希望者が見つかるまでその物件で暮らすこともできますので、仲介してもらう不動産業者と相談してみましょう。

ただし、これは一般的な買受希望者を募る場合の話で、買取業者に直接不動産売却をするときには時期はあまり影響しません。むしろ、物件ができるだけ新しい方がよいので、不動産売却を思い立った時点で買取業者に打診をしてみるのもよいでしょう。

この場合には、不動産売却すべきタイミングはできるだけ早い方がよいということになりますが、どこの業者に買い取ってもらうかということがネックになります。一括見積りサービスなどを利用して、買取業者複数から見積もりを出してもらうというのもよいでしょう。遠方からでも出張費業者負担で見積もりに来てもらえます。