不動産売却に必要な仲介手数料

マイホームは一生に一度の大きな買い物と言われていますが、様々な事情があり住宅の売却をすることがあります。古くなった家を売却して新しい住宅を購入する方もおられれば、相続で得た不動産を売却するなどのケースも多くあります。

不動産売却の方法は、個人で買い手を見つける方法もありますが、現実問題として困難なことですので、一般的には不動産会社に仲介を依頼する方法をとります。

不動産売却の方法は、大きく2つに分けることが出来ます。不動産仲介会社と仲介契約を結び、不動産会社が買主を探す「仲介」方法が一つです。もう一つは、不動産会社が直接不動産を買い取る「買取」方法です。それぞれにメリットとデメリットがありますので、これから不動産売却をしようとお考えの方は、どのような違いがあるかポイントを抑えておくと良いでしょう。

まず、「仲介」方法は、不動産会社がネットワークを利用し広告を出すなど方法で購入者を探します。広告料などが発生しますので、売買成約時に仲介手数料が発生します。

一方、「買取」方法では、不動産会社が直接物件を買い取りますので仲介手数料は発生しません。仲介手数料の有無が「仲介」と「買取」の大きな違いです。

ただし、「仲介」方法は、購入者が見つかるまでに長期間を必要とする場合があります。その点、「買取」は、早期に不動産を現金化することが出来る点がポイントです。売り主の希望が、早期売却、早期現金化である場合は、直接不動産会社が買い取りをする方法が適していると言えるでしょう。