不動産売却にかかる売却の費用について

昔は不動産を持っていることはそれだけで財産のあかしとして、多く持っていればいるほどいいと思われていましたが、不動産に対してかかる税金が高くなっていくにつれて、何の有効利用もせずに不動産を持っているだけではお金を存してしまう時代となっています。そのため特に利用価値のない不動産を所有している方は不動産売却を検討してみるのも一つの手といえます。

しかしここで検討しなければならないのは不動産売却にかかる費用です。不動産はいくら価値がないといっても、数百万円の価値がするのが普通ですので、そこにかかってくる費用もばかにはなりません。せっかくの売却による財産も費用で目減りしてしまってはその価値が下がってしまいますので、売却の費用はしっかりと確認しておきましょう。

不動産売却にかかる売却の費用としては、大きく分けて、仲介手数料・印紙代・抵当権抹消登記費用・ローン返済・税金などに分けることができます。

不動産を売却する際には、素人が買い手を見つけるのは困難ですので仲介者を介して契約するということになりますが、その仲介料も結構かかりますので注意が必要です。そして売却の費用として最も大きいのは仲介手数料です。不動産の値段の3パーセントほどとられることが普通ですので、50万円から100万円の費用が掛かることが普通です。

そのため費用をかけたくないというときには仲介手数料が安い仲介屋を探すことが最も重要といっても過言ではありません。