不動産売却の基礎知識。売却の注意点って?

日本では、多額のお金が動く取引では法律で定められている方法にしたがって手続きをすすめていかなければなりません。不動産売却を行う場合においても同様で、売主は売却の必要書類を漏れ無く揃えた上で相手と不動産売却に関する売買契約を行わなければなりません。

不動産売却において、売却の必要書類は保有している不動産の種類などに応じて異なります。売却の必要書類について主なものを挙げていくと、まずどのようなケースであっても必要となる書類として挙げられるのは、身分証明書、印鑑登録証明書、登記済権利証、登記識別情報、固定資産税納税通知書、固定資産評価証明書です。

また、書類ではありませんが、実印も必要です。このうち、登記済権利証と登記識別情報についてはどちらか1通があれば良く、固定資産税納税通知書と固定資産評価証明書についてもどちらか1通あれば良いです。印鑑登録証明書については発行日から3ヶ月以内のものが書類として有効になります。

この他に、マンションの売却の場合は管理規約や使用細則が記載された書類の準備が必要です。一戸建ての住宅を売却する場合は、土地測量図面、境界確認書、建築確認済証、検査済証、建築設計書、工事記録書などを揃えておく必要があります。

耐震診断やアスベスト診断を行ったことがある場合は、その調査結果が書かれた報告書の準備が必要となり、ローンの残高が残っている状態で不動産売却を行う場合は残高証明書か返済予定表を用意しなければなりません。

このように、不動産売却において揃える必要のある書類はたくさんあるので、書類の準備は売買を仲介してくれる業者などと相談しながらすすめていくと良いです。