不動産売却時の売却と税金について

不動産売却時の売却と税金についてですが、不動産の売却と税金はどのような仕組みになっているのでしょうか。

まず不動産の売却を考えたときは、不動産会社に仲介を依頼しなくてはいけません。不動産売却を有利に進めるためには信頼できる不動産会社を選ぶことが大切です。選び方のポイントはいくつかありますが、基本的なことは不動産会社が不動産売却を行うことができる資格を持っているかどうか確認しておくことです。

行政庁の業者名簿でその不動産会社が免許を持っているかどうかが確認でき、過去の実績なども調べることができます。また国土交通省のホームページで不動産会社の過去の行政処分歴を調べることもできます。

また一口に不動産会社といっても、会社によって取り扱っていることが違い、得意分野があります。ですから不動産売買の仲介の実績が多い業者を選びましょう。その中でも、土地の売買が中心の業者、中古マンションの売買が中心の業者など、さらに得意分野があります。

そして税金に関してですが、不動産の売買をしたときに得られる利益は、謙譲所得と呼ばれています。これは給与所得や事業所得などの他の所得と区別され、所得税と住民税が課税されます。謙譲所得の税率はその不動産の所有する期間によって異なります。

所有期間が5年以上のものは長期謙譲所得、5年以下のものは短期謙譲所得といい、長期謙譲所得の税率は短期謙譲所得の税率より優遇されています。

不動産売却時の売却と税金はおおまかに言うと、このような仕組みになっています。